ドット

マウスピース | 円山北2条歯科

011-826-6047
外枠① 外枠② 外枠③ 外枠④ マウスピース

大切な歯を守るため、顎関節症を防ぐために

虫歯はないはずなのに、なんとなく歯が痛む。朝起きた時に顎が疲れていることがある。
このような症状がある場合、就寝中に「歯ぎしり」や「食いしばり」をしているかもしれません。
このような時に有効なのが、就寝用のマウスピース(ナイトガード)です。
「歯ぎしり」や「食いしばり」によって歯や歯周組織、顎関節にかかる不用な力から、歯を保護する働きをします。

  • マウスピース

    マウスピースを使うときの注意点

    ・使用時間帯は歯科医師の指示に従いましょう。
    ・歯を磨くときはマウスピースも外して洗浄してください。
    ・変形する恐れがあるため、熱湯の使用は避けてください。

  • 顎

    マウスピースに慣れるまで

    ・しゃべりにくく、唾がたまりやすくなります。
    ・歯が締め付けられる感じがします。
    ・顎の筋肉が疲れます。
    ※1週間~10日程度で慣れてきます。

  • マウスピース破損

    こんなときはすぐに連絡を

    ・マウスピースを入れたときに顎が痛い場合
    ・壊れたり無くしてしまった場合