ドット

虫歯治療 | 円山北2条歯科

011-826-6047
外枠① 外枠② 外枠③ 外枠④ 虫歯治療
  • 痛みを感じたらかなり進行しています

    虫歯は、歯にこびりつく歯垢(プラーク)の中に棲み着いた虫歯菌が、食べかすに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていく病気です。
    初期段階では自覚症状がないため、痛みに気づいた時には、既にかなりの段階まで進行していることが考えられます。
    そのため、出来る限り早く進行を食い止めるためには、異変に気づいたらすぐに受診をすることが大切です。

    虫歯にはCO~C4まで5つのステージがあります。それぞれのステージに応じて、複数の治療法があります。

  • 過去に治療した歯も虫歯になります

    一度治療した歯は虫歯にならないだろうと思っている方も少なからずいらっしゃいますが、普段のケアを怠って歯垢(プラーク)が溜まると再び虫歯になることがあります。
    治療した歯が再び虫歯にならないようにするためには、歯みがきなど日常ケアはもちろん、歯科医院での定期的なチェックやクリーニングを継続することが大切です。
    治療後のメンテナンスのために、予防歯科を積極的に利用してください。

  

虫歯の進行段階と症状
progressive stage and symptoms

  • 脱灰
    • 進行段階

    • CO:脱灰

    • 症 状

    • 歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされ始め、白濁した部分が現れます。
      まだ自覚症状はありません。

    • 治療法

    • 適切なブラッシングとフッ素塗布で「歯の再石灰化」を促せば、治癒が期待できる段階です。

  • エナメル質の虫歯
    • 進行段階

    • C1:エナメル質の虫歯

    • 症 状

    • エナメル質の溶解が進み、黒ずみが現れます。
      この段階でも自覚症状はほとんどありません。

    • 治療法

    • 虫歯菌に冒された部分を削り、詰め物で補います。

  • 象牙質の虫歯
    • 進行段階

    • C2:象牙質の虫歯

    • 症 状

    • エナメル質の内側の象牙質にまで進行した虫歯です。
      冷たいものがしみたり、痛みが生じたりします。

    • 治療法

    • 虫歯菌に冒された部分を削り、詰め物で補います。

  • 神経に達した虫歯
    • 進行段階

    • C3:神経に達した虫歯

    • 症 状

    • 歯の中を通る神経にまで達した虫歯です。
      何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

    • 治療法

    • 「根管治療」によって神経を取り除き、被せ物で補います。

  • 歯根に達した虫歯
    • 進行段階

    • C4:歯根に達した虫歯

    • 症 状

    • 歯根にまで達した虫歯です。歯冠部分はほとんど溶けてなくなり、神経が死んでいるため一旦痛みはなくなります。しかし膿が溜まると、再び激しく痛みます。

    • 治療法

    • 多くの場合抜歯を選択します。
      抜歯後には入れ歯やインプラントブリッジなどの治療によって、咬む機能を回復させます。

歯の根の治療(根管治療)
root canal treatment

「根管治療」とは、歯の根(根管)の中から虫歯菌に冒された神経や 血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して、薬剤を隙間なく詰める治療です。

step1

抜髄(ばつずい)

根管の中から、死んでしまった神経や血管を取り除きます。

step2

根管のお掃除・殺菌

感染した歯髄を除去して、ファイルという器具で根管をお掃除します。
根管内のお掃除が終わったら、根管内を薬品で洗浄し、根管内を殺菌します。

step3

根管充填

根管内の殺菌が終わったら、再感染しないように、隙間なく詰め物をします。
詰め物は通常、ペースト状のMTAセメントとガッタパーチャを充填します。

step4

歯冠修復処置

根管の治療が終わったら、被せものの治療を行います。